読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毒舌!ゆるキャラ図鑑

ゆるキャラ制作の経験を持つ筆者が、人様のゆるキャラを勝手に斬ります。

 



応援侍たまベヱ(ゆるキャラ図鑑No.76)

みなさんこんにちは。

あと少しで2015年も終わってしまいますね。今年は何かありました?

わたしは何もありませんでした。

 

さて、2015年の最後を飾るのはこちらの方
応援侍たまベヱ

 




 





たまベヱは野球の日本代表チーム「SAMURAI JAPAN」を応援するゆるキャラ。

 

たまベヱは心優しい侍の男の子。

彼の頭に乗っかっている白い物体は、「みんなの応援する気持ちが集まって出来た妖精」とのこと。

 

プロフィールを見る限り、どうやら下の男の子が本体のようです。

 


さて、そんながたまベヱが生まれたのは、2015年11月に開催された「プレミア12」なる国際大会。


これは、世界の上位12か国が一堂に会し、頂点を目指す大会です。

 

WBCなどは世間での認知度も高いかと思いますが(第二回決勝戦では、イチローが劇的な一打を放ち世界一となりました)、プレミア12は2015年に産声を上げたばかり。まだまだこれからの大会と言えるのです。

 


そんなプレミア12を盛り上げるべく、日本代表の公式ゆるキャラとなったたまベヱさん。

 

野球ファンから広く愛され、SAMURAI JAPAN応援の音頭を取ることになる…

 

 

 

 

ハズでした。

 

 

 


日本中の期待を一身に背負った彼がしたのは、ファンもびっくりの背信行為。


なんと、twitter公式アカウントで飯テロを繰り返し、肝心の試合は観戦しないという暴挙に出てしまうのです。

 

ベネズエラ戦の最中には「せんせいてんおねがいするたま~」とのツイートを投稿しますが、なんとこの時点でとっくに先制点は取っていたのです。

 

これを機に、彼がSAMURAI JAPANの試合を観ていない事実、なんなら野球そのものにすら興味がないという事実が発覚してしまうのです。


これには2chを中心に各方面で批判が噴出。


焦ったたまベヱは比較的マジメに応援を始めますが、時既に遅し。


決勝ラウンドの行われる台湾へたまベヱが同行しなかったことで(予算の関係でしょう)、「なんのための応援マスコットだ」と火に油を注ぐ結果となってしまいます。


日本代表は残念ながら準決勝で敗退するですが、その際も「たまベヱのせいで負けた」と完全なる濡れ衣を着せられてしまうのです。

 

 

一見すると不運な嫌われ者・たまベヱ

 


しかし、ゆるキャラ図鑑を運営する筆者としては、「ちょっと待てよ」と鋭い洞察を披露してしまうのです。

 


そう。

 

 

「彼はあえて嫌われたのではないか?」と。

 


競技を問わず、非常に強いプレッシャーのかかる国際試合。負ければ必ず「戦犯探し」が行われます。それをきっかけに追い込まれ、選手生命を絶たれたプレイヤーも少なくはありません。南米では、ゴールキックを外したために射殺された、なんていう物騒な話もあるほどです。

 


そこへ手を差し伸べたのがたまベヱ。

 


「選手や監督が批判されてはいけない。嫌われるのは僕一人で十分たま~」と、あえてその身を差し出したのではないでしょうか?


結果、「戦犯探し」は比較的穏やかに終わり(もちろん多少は行われました)、選手や監督は深い傷を負わずに済みました。もし日本代表からMVPを選出するならば、たまベヱを指名しても良いくらいなのです。

 

 

ちなみに、たまベヱのその後はというと、のうのうとtwitterで活動を続けています。

 

反省する様子があまりないというか、「敗戦したことすら忘れているのではないか?」という呑気さです。もしご興味があれば、ぜひフォローしてやってください。

 

筆者はもちろんフォローしていませんので、彼のツイートにイラっとすることがあっても自己責任でお願いします。

 

応援侍たまべヱ (@samurai_tamabe) | Twitter

 

 

Now Loading...