読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毒舌!ゆるキャラ図鑑

ゆるキャラ制作の経験を持つ筆者が、人様のゆるキャラを勝手に斬ります。

 



ビッグリンカーン(ゆるキャラ図鑑No.54)

こんにちは。

 

ゆるキャラグランプリ2015も始まりましたが栄冠は誰に輝くのでしょう。

 

わたしとしても様々なゆるキャラを紹介し、当グランプリを盛り上げるのにひと役買えればと考えています。

 

 

 

さて、今回はアメリカ・イリノイ州観光局からのエントリー

ビッグリンカーン

 

Big Lincoln 




 




名前を見てお察しの方もいるでしょう。

 

 

 

そうです。

 

 

 

彼はアメリカ合衆国第16代大統領、アブラハム・リンカーンをモチーフにしたキャラクターなのです。

 

 

 

「人民の、人民による、人民のためのゆるキャラ」を目指し、米国イリノイ州からはるばるお越しいただきました。

 

 

 

 

さすがというべきか、身長193センチ、顔の長さ92センチという規格外の体型。

 

 

 

 

つまり、二頭身。 

 

 

 

 

たしかにゆるキャラは二頭身、三頭身の作りが基本ですが、それを劇画調のデザインでそのまま行ったあたりに、異文化ならではの独自のテイストを感じさせます。

 

 

 

そして何より特筆すべきは、ゆるキャラのくせに一切ゆるくないという事実。

 

しかも本人もそのことを自覚しているというから斬新です。まさに、「Youはなにしに日本へ?」状態です。

 

 

 

 

 

その迫力は、たとえていうなら黒船といったところでしょうか。

 

ゆるさに食傷気味の日本のゆるキャラ界に、ドカンと一発風穴を開けるべく、海を渡ってきたのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし結果は、空砲

 

 

 

 

 

なんと、2014年のゆるキャラグランプリでは、1418/1698位と惨敗を喫してしまったのです。

 

 

 

筆者個人としては非常に気に入っているので、素直に「なぜ?」という感じです。やはり海外である分、組織票を得にくいせいでしょうか。(※他のゆるキャラは、地元の人間が団体で投票したりしているみたいです。ゆるキャラグランプリも実は結構ドロドロしています)

 

 

 

 

 

それでも彼は、プロ野球の始球式にも顔を出したり、各地のゆるキャラと異文化交流を図ったりと、その姿勢には非常に好感が持てます。

 

 

また、twitterで流暢、かつ重厚な日本語で日本人と交流している辺りは、さすがは大統領といったところです。

 

 

 

 

 

そんなビッグリンカーンですが、イリノイ州観光局のサイト(参考:EnjoyIllinois.com | イリノイ州政府観光局 公式ウェブサイト)にて、彼は前面に押し出されてはいない模様。本国では、早くも黒歴史扱いされているのでしょうか?

 

  

 

ひょっとしたら、今年のゆるキャラグランプリの結果如何ではその首も危ういのかもしれません。(首が飛んだら、文字通り身体が半分になってしまいます)

 

 

 

 

 

やや心配ではありますが、こういうヤバいゆるキャラは大好きですので、これからもどんどん応援していきたいと思います。ひとまずゆるキャラグランプリの上位入賞を祈り、彼に投票するところから始めても良いかもしれません。

 

 

 

それでは最後に 、

 

I LOVE The Big Lincoln!

 

  

ビッグリンカーンのtwitterアカウントはコチラ!:ビッグリンカーン (@The_Big_Lincoln) | Twitter

 

ゆるキャラグランプリ投票はコチラ!(ビッグリンカーンを応援しちゃいましょう!):ゆるキャラ®グランプリエントリーキャラクター|ゆるキャラグランプリ オフィシャルウェブサイト

 

 

 

 

 

Now Loading...