読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毒舌!ゆるキャラ図鑑

ゆるキャラ制作の経験を持つ筆者が、人様のゆるキャラを勝手に斬ります。

 



きくのん(ゆるキャラ図鑑No.90)

こんにちは。

 

本日のゆるキャラ図鑑は静岡県菊川市からのエントリー 

きくのん

 

f:id:tanabe_nabeta:20160129194712p:plain

 

 

マヌケな顔のきくのんですが、ゆるキャラ界ではなかなかの実力者。

 

2014年度ゆるキャラグランプリでは75位。そして、2015年度グランプリでは36位へ躍進をとげているのです。

 

千体以上参加している中でこの成績は、立派なもの。取ろうと思っても取れるものではありません。

 

 

そんなきくのんは妖精の国から来たのだそう。妖精なので、性別は不明

 

 

しかし、どこからどうみても男では?

 

 

そんな疑問を抱くのは筆者だけではないハズです。第一筆者には、きくのんの上半身は裸であるように映ります。仮にきくのんが女性であるのなら、人権団体とかが黙っていないのではないか?

 

 

 

きくのんはそんな疑問もどこ吹く風。頭に湯呑み・おなかに急須をつけ、「お茶処菊川」をPRしています。

 

さすがは静岡県。静岡県といえばお茶、サッカー、富士山の他に何もないので、お茶をアピールすることは、消去法的に正しい選択と言えます。

 

 

他にあえて挙げるとすれば、やけに横に長いことくらいでしょうか。

 

そのため、愛知以西へ移動する人間などからは、「静岡県長すぎ」「邪魔だ」「二つに折れ」などと理不尽な言いがかりをつけられたりもします。

 

筆者も静岡県には親類縁者が比較的いる方なので、静岡県が無駄に長いことにつきましては、この場を借りてお詫び申し上げたいと思います。新幹線には一部を除きスルーされ続けているということで、なんとか許してやってください。

 

 

 

 

 

さて、話がそれました。

 

きくのんについているお茶、急須といったアイテムですが、実は付け替えが可能なんだとか。なんと都合の良い設定。きくのんはパンツにも名産品をつけ、菊川市のPRに励んでいるようです。

 

 

 

しかし、どうしてきくのんは、妖精の国からわざわざ菊川市まで来てしまったのでしょう。住みやすいところであるのは否定しませんし、なんだかんだ魅力的な場所ではあります。ただ、やはりピンポイント過ぎる感は否定できません。

 

今度静岡県の親戚を訪ねる際、菊川市を訪れてみようか?そして、きくのんに会いに行ってみようか?

 

ただ、きくのんに会えば、ついむき出しの上半身を凝視してしまいそうなので、その点だけには注意したいと思います。

Now Loading...