読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毒舌!ゆるキャラ図鑑

ゆるキャラ制作の経験を持つ筆者が、人様のゆるキャラを勝手に斬ります。

 



たいきくん(ゆるキャラ図鑑No.53)

こんにちは。お盆休みも終わってしまいましたが、みなさまいかがお過ごしですか?

 

わたしは少し休みをずらしたので、もうしばらく夏休み。甲子園の決勝まではなんとか生で見届けたいと思っています。

 

 

 

さて、今回紹介するのはこちらの方

たいきくん

 

 




 




たいきくんは、いまから遡ること二十年余り。1992年に山形で国体が開かれた際、そのマスコットキャラとして生みだされました。ゆるキャラの先駆けともいえる存在なのです。

 

 

彼は樹氷をモチーフとしたゆるキャラで、樹氷とは樹に雪(というか氷?)が付着してできたものを指します。特に、山形の蔵王の樹氷は結構有名だったりします。

 

 

 

 

ただ、樹氷が綺麗なのはともかくとして、なぜこんなソフトクリームの塊みたいな不気味なゆるキャラを当図鑑で取り上げたのか?

 

 

 

 

 

それは、筆者の友人の友人、つまりはほぼ他人にぜひ取り上げてくれ、と頼まれたからなのです。

 

 

 

 

 

 

いや、嬉しいもんですよ。

 

 

 

 

 

やっぱりね、ブログをやっていて一番うれしいのは、読者の皆様から反応があることなんです。単純に読んでもらうだけでももちろん嬉しいのですが、コメントをもらったりはてぶマークをつけてもらったり(←注目!)、あるいはこういう風に直接リクエストをもらったり。

 

 

反応があると、「ちょっとは楽しんでもらえているのかな」という気がして、とても嬉しいのです。

  

 

というわけで、今後も皆様からのリクエストお待ちしております。できるだけ取り上げるようにいたしますので。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、話がそれました。

 

 

 

キャスパーのような風貌を持つたいきくんですが、実は妻子持ちです。しかも、お相手のむひょこちゃんとはデキ婚(今風に言えば授かり婚)だそうで、その結果生まれたのがじゅっきーくんです。

 

 

 

正直、「むひょこちゃんももう少し相手を選べばよかったのでは?」と思いましたが、そういえば、山形にはひと癖もふた癖もあるゆるキャラしかいないのでした。

 

 

 

 

たとえば、顔だけしかない奴とか

 

 

 

 

緑のキモイ奴とか

 

 

 

 

 

まあ、消去法といったところでしょうか。

 

たいきくんは、相対的にいくらかマシのようにも思えます。

 

 

 

 

なお、下記の写真で緑のキモイ奴に潰されているのが、たいきくんの息子のじゅっきーくんです。

 

 

 

 

 

  

彼もいまや立派に育ち、蔵王スキー場のマスコットキャラを務めるまでになっています。

 

 

 

こうしてみると、案外役者の揃っている山形ゆるキャラ界。これからの展開が楽しみです。

 

山形出身の筆者としては、少しでもその発展に貢献できれば、と思っています。

 

 

 

 

たいきくんのtwitterアカウントはコチラ!(なかなか味のあるアカウントとなっています):

たいきくん (@taiki_kun) | Twitter

 

 

 

 

Now Loading...