読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毒舌!ゆるキャラ図鑑

ゆるキャラ制作の経験を持つ筆者が、人様のゆるキャラを勝手に斬ります。

 



メガ佐藤(ゆるキャラ図鑑No.49)

こんにちは。

 

今回紹介するのはこちらの方

メガ佐藤

 

メガ佐藤




 




またまたアクの強いゆるキャラを発掘してしまいました。

 

この悪ノリのウェーブにフリフリ乗っかっている感じ。

 

 

 

やはりというかなんというか、案の定大阪府のゆるキャラでした。

 

 

 

以前紹介したとらとうちゃんやムシバちゃん(参考:大阪 カテゴリーの記事一覧 - 毒舌!ゆるキャラ図鑑)などもそうですが、彼らはゆるキャラグランプリをM-1グランプリとかと勘違いしているのでしょうか。一度大阪のゆるキャラを体育館で正座させ、小一時間ほど説教してやりたい気もします。

 

 

 

メガ佐藤に関していえば、ネットを検索しても「キモイ」という彼に対する批判がちらほら見え隠れしており、本人もそのことには気がついているようです。

 

ここで、彼のfacebookから自己紹介文を抜き出してみましょう。

 

 

***

地域を活性化するべく、お得なクーポンを配りまくる赤いおっさんメガ。街を歩けば指をさされ女子高生に爆笑され赤ちゃんに泣かれ…。ゆるいのか?と言われれば、心底悩むメガよ。(原文ママ。強調筆者)

***

 

 

なるほど。

 

 

彼は大阪府内でも至極まっとうな反応を受けているようです。

 

 

そんなキモイ彼もお得なクーポンを配りまくるとのことで、なんとなく大阪名物・ヒョウ柄のおばちゃんには人気があるような気がしないでもしません。

 

 

 

 

上述のようにひどい扱いを(ある意味当然)受けているメガ佐藤さんですが、彼のLINEスタンプなるものも販売されているようです。

 

 

本人は「カナヘイやsakumaru※を超えるスタンプだ」(※超人気のスタンプ)と語っていますが、それより笑えるのが、スタンプの申請をした際、一度LINE側にそれをリジェクト(=拒否)されているということです。

 

筆者個人としては、リジェクトされたまま道頓堀あたりに沈んで欲しかった、という気がしなくもありませんが、発売されてしまったものはまあ仕方がありません。

 

みなさん気が向けばぜひ買ってやってください。

 

 

 

ちなみに、メガ佐藤をプロデュースしているのは、本気メディア株式会社なる企業で、地域活性化を生業とするプロ集団でした。

 

本気メディアで「マジメディア」と読ませるようです。その勢いにクスリときてしまったのがちょっと悔しいです。

 

 

Now Loading...